相続手続サポート

INHERITANCE

相続手続はストレート行政書士事務所にお任せください

相続手続サポートとは、相続人や遺産の調査から遺産名義変更まで、専門の行政書士が代理で手続を進めるサービスのことです。

相続手続を一括して丸ごと代理するプランと、必要な手続だけを代理するプランの2つを用意しておりますので、無駄な費用をかけることなく相続手続をお任せいただけます。

「相続人同士でトラブルはないが自分たちで手続を進めるのは大変だ」という方に最適なサービスを是非ご利用ください。

当事務所の特徴

多摩地域に密着

相続手続につきましては、日野市、八王子市、立川市に営業エリアを絞って業務を効率化することにより、スピード対応と安心価格設定を実現しています。

選べる料金プラン

・相続手続丸ごと代行プラン
・必要な手続だけを組み合わせるプラン
を用意しているので無駄な費用がかかりません。
いずれのプランにおいても必ず事前に見積書を提示いたしますのでご安心ください。

窓口ひとつで完結

ほとんどの相続手続は行政書士が進めますが、ケースに応じて必要となる税理士、司法書士、弁護士などの他資格者も同じ窓口で対応可能なので、相談内容ごとに複数の事務所へ足を運ぶ必要がありません。
どの資格の専門家に相談するべきかをお客様が判断する必要はありませんので、相続については最初に当事務所へお問い合わせください。

お客様の労力を最小限に

相続手続において必要となるさまざまな証明書類の取得も代行します。
委任所への署名押印と印鑑証明書のご用意のみお願いしております。

メールはこちら

相続手続サポートの内容

不動産や預貯金等の遺産分割、名義変更などをゴールとした場合の一般的な相続手続の流れにそって、当事務所がサポートできる内容をお伝えします。

①無料相談

まずは初回無料相談をご利用ください。

お客様のプライバシー保護のため、完全予約制としておりますので、お電話またはメールにてご予約のお問い合わせをお願いします。

②遺言の有無を確認

相続手続は、遺言の有無により全体の進め方が大きく異なります。

公正証書遺言が残されている場合、遺言者の法定相続人の代理人であれば、公証役場にて遺言の有無を検索し、謄本(遺言のコピー)を受け取ることができます。

以下の流れは、遺言がないケースを想定していますが、遺言があるケースにももちろん対応可能です。

③相続人の調査

被相続人(お亡くなりになられた方)の出生からお亡くなりまでの戸籍謄本を収集し、誰が相続人になるのかを確定させます。

ご家族内では誰が相続人になるかが明らかにわかっていても、法務局や銀行その他各種窓口において対外的に誰が相続人であるかを証明するために必ず必要となります。

④法定相続情報制度の利用

戸籍謄本により確定した被相続人と相続人の関係をまとめた「法定相続情報一覧図」を作成し、法務局に申出を行います。

これにより法務局登記官の押印のある法定相続情報一覧図の謄本を取得でき、多くの相続手続の窓口で誰が相続人であるかを容易に証明できるようになります。

⑤遺産の調査

被相続人が所有していた財産の調査をします。

不動産については登記情報を確認のうえ、固定資産評価証明書を取得して現在の評価額を調べます。

どのような不動産を所有していたかが不明な場合は、名寄帳を取得して被相続人が所有していた不動産の一覧を確認することも可能です。

預貯金については、死亡日の残高証明書を取得して相続の対象となる額を確定させます。

どの金融機関に口座があるかが不明な場合は、主要金融機関へ照会請求をすることも可能です。

⑥相続財産目録の作成

遺産の調査により確定した相続財産を目録にまとめます。

不動産、預貯金、証券、車など基本的にはすべての相続財産の種類とその評価額を一覧にします。

⑦遺産分割協議書の作成

相続人全員で、遺産を誰がどのような割合で取得するかを協議し、その決定内容をまとめたものを遺産分割協議書といいます。

遺産分割協議書には「相続人同士の話し合いの内容を明確にしておく」「対外的にどの相続人がどの遺産を取得するかを対外的に証明する」という2つの役割があります。

⑧遺産名義変更・払い戻し手続

遺産分割協議が完了したら、その内容に従い各遺産の名義変更や払い戻し手続を進めます。

不動産の名義変更の申請については司法書士と連携して対応します。

▼メールは以下のフォームから▼

    遺言作成サポートはこちら